ローカルファインダーとは?MEO対策の基礎用語

ローカルファインダーとは、Googleマップ検索におけるローカルパックの下に表示される「さらに表示」リンクをクリックしたときに表示されるローカル検索結果の全リストのこと。

ファインダーとは、カメラに取り付けられた除き窓などにも使われますが、英語では、見つける人、拾得者という意味にもなります。

MEO対策関連記事。

ローカルパックのクリック率は?上位表示させるポイント

ローカルパックとは?種類や表示されない原因と対策ポイントを解説します

MEO対策の費用相場はいくら?【失敗しない業者選定のポイント】

MEO対策はBtoB企業には不向き?費用対効果の考え方

今回の記事では、MEO対策の基礎用語として、ローカルファインダーについてご紹介します。

ローカルファインダーとは

415568

Googleマップ検索におけるローカル検索結果のリストのことをローカルファインダーと呼んでいます。

ローカルパックとは

MEOキーワード選定

ローカルパックとは、Google検索結果において、上位に表示されるGoogleビジネスプロフィールのリストのことを意味します。

ローカルSEOを実施することで、検索結果の1位から3位又は4位までに表示させることが集客の効果を高めるためには重要となります。

ローカルパックのメリット

00100

グーグルの地図検索で上位3位以内に表示されることで以下のようなメリットが期待できます。

  • 店舗集客効果
  • 無料である
  • 導入が簡単

ローカルパックの種類

1759

主に3つの種類があります。

種類特徴
通常表示内容が多い
ローカルスナック飲食店、サービス業、娯楽施設などのカテゴリの検索時に表示される
ローカルABCブランド名、ジャンル名などの一部で表示される
口コミや評価の星の数などは表示されない

中でも、狙っていくべきなのは、「通常」又は、「ローカルスナップ」が多いです。

ジャンルが表示される方が良い一例をご紹介します。

飲食店の場合、居酒屋、カフェ(喫茶店)、高級、安価(リーズナブル)などの違いがあります。

他にも、提供するメニューによっては、和食、洋食、イタリアン等のカテゴリ分けも可能です。

つまり、自分たちが表示させたいカテゴリがある場合は、それぞれの特徴をいかして絞り込むことも大切です。

ローカルABCは、ほとんど動きがありません。

例えば、銀行やコンビニ、消防署などの生活に密接なサービスは簡単には、表示の順位が変わりません。

口コミや評価数も表示されません。

ローカルファインダーの順位変動

39860

ローカルファインダー内での掲載順位に関係するのが、口コミと言われています。

Googleアカウントにログイン済みのユーザーが一条表法を表示した状態でお店に入店し、口コミを残します。

つまり、来店の実績が蓄積することと、顧客にマイナスのイメージを与えてしまうようなお店ではないことなどをふまえて、順位が変動しています。

ユーザーに役立つ情報発信

71258

以下の点には注意が必要です。

  • 不適切な接客
  • 公開済の情報と異なるサービスの案内

簡単に言えば、基本情報や掲載している商品やサービスの情報とのミスマッチが発生すると、ユーザーにマイナスのイメージを与えてしまうリスクがあります。

口コミを含めて、ユーザーに役立つ情報発信を行っている企業が上位に表示されやすいのは、SEO対策でもMEO対策でも同じです。

運用方法にお困りの方へ

058276

検索順位だけではありません。

ユーザーからの反応が悪い。

悪いクチコミの投稿が続いている。

など店舗の口コミやユーザーからの反応についてお困りでしたら、株式会社クロコにご相談ください。

弊社では、MEO対策の内製化に向けたコンサルティングも行っております。

社内の飲食事業部、美容院などのMEO施策の支援で蓄積したデータを元にお客様の地域性や御社の強みを活かす方法をご提案しております。

MEO対策については、無料でダウンロード可能な資料もございますので、今後の集客にお役立てください。

資料一覧

無料ダウンロード資料一覧

Twitterでフォローしよう